Amazon S3

AmazonS3ストレージメニューとは

Amazon S3(Simple Storage Serviceの略)とは、Amazon.com, Inc.が提供するAmazon Web Services(AWS)のストレージサービスです。
AWSインフラを利用すると言う信頼性に加え、データ転送・保存の単価が安くコスト面でも利用価値があります。
ただ直接Amazon S3のサービスを運用するには、開発者向けに提供されているAmazonWebServeceのアカウントを作成し、専用APIをプログラムから呼び出すか、AWSの提供するManagementConsoleページにて操作を行わなくてはなりません。
CMS on Demandでは、Amazon S3のサービスを意識することなく当該サービスを利用できるメニューをご用意いたしました。

利用メリット
  • ストレージ上のコンテンツ/ファイル等はCMS on Demandの管理対象外となります。
    CMS上の容量上限を気にせずご利用いただけます。
  • 公開サイトに公開されるコンテンツ/ファイルではありませんが、
    アップロードしたS3上のファイルはファイル毎にURLが存在するため、公開サイト内にリンクすることが可能になります。 公開サイトとは関係なく、過去のアーカイブデータ置き場や制作会社間の素材データ受け渡し場所としてご利用いただく事も可能です。
  • ストレージ利用にあたって、別アカウントでのログインは不要です
利用デメリット
  • ストレージ利用料は従量課金となります。 アップロード容量に加え、通信時の転送容量も課金対象となります。
  • CMS on Demand経由でアップロードしたコンテンツは全てインターネット上に公開されます。 機密ファイル等、インターネット上に公開出来ないファイルのアップロードはお控えください
ご利用を希望されるお客様は、サポートまでお問い合わせください。

設定及び利用

オプションのお申し込み完了後はアクセスキーIDの設定をサイト設定にて行います。
その後、コンテンツのAmazon s3メニューより利用可能です。