基本情報

サイトの基本情報を表示

サイト名
変更する場合はサイトの名前を入力してください。
公開サイトURL
変更する場合はサイトのURLを入力してください。
プレビューの認証
プレビュー時に認証を行います。チェックを推奨します。
メール送信言語
各ユーザーでの設定で言語が未設定の場合にこちらを採用します。
保存ボタンをクリックで内容を更新します。

Amazon S3

Amazon S3はオプションサービスになります。
サービスの内容についてはこちら

Amazon S3アカウント設定

AmazonS3を利用するために 管理画面にてバケット(Storage領域)の設定を行います。

アクセスキーID
アクセスキーを設定します。
シークレットアクセスキー
シークレットアクセスキーを設定します。
バケット
サイトと関連付けるS3管理画面にて作成済みのバケット名 を設定します。
バケット名には英小文字と数字および ダッシュ(-)のみが利用可能です。
アクセスキーIDが所有する既存バケット名を入力すると、S3で登録済みの情報がそのままご利用になれます。
上記以外の場合、S3に新規バケットが作成されます。
バケット名は全世界共通で一意チェックされます。
既に世界のどこかで利用されているバケット名の場合 設定時にエラーとなります。
その際は別な名称を入力して ください。
地域
バケットを配置する地域を設定します。
それぞれの地域で料金などが異なりますが、日本国内で ご利用される場合は「Tokyo」を利用される事をおすすめします。
「設定」ボタンをクリックすると設定が完了します。
設定済みのバケット関連付けを削除したい(あるいは別のバケットと関連付けをし直したい)場合は、
本画面にアクセスして削除ボタンをクリックしてください。
削除するのは関連付けです。
実際のアイテム(ファイル)はAmazonS3上に残っている事に ご注意ください。

アクセス制御

各ページ、項目にアクセス権限を設定

ページ名欄には各サイトで利用可能な機能/アプリを一覧表示します。
機能/アプリ毎にアクセス制御を任意に管理することができます。
編集する際は、アクセス制御を設定したい機能/アプリ名のリンクをクリックしてください。

設定可能な機能は下記の通りです。

  • アクセス権限管理
  • アプリ設定
  • ファイル操作
  • 代理承認
  • ルート設定
  • フォーム登録、インクルード設定(ファイル操作画面)
  • サイト管理
  • ワークフロー管理
アプリの数は各サイトによって異なります

ワークフロー

ワークフローとは

申請から公開の間に内容確認(承認)を含むプロセスをワークフローと定義しています。

ワークフロー設定なし
  • 申請
  • 公開
申請後、公開待ちを経て公開サイトに反映します。

ワークフロー設定あり
  • 申請
  • 承認A
  • 承認B
  • ・・・
  • 公開
申請されたコンテンツは、ワークフローに定めた承認者(承認A→承認B→…)に回覧され、最終承認者の承認をもって初めて公開となります。

承認フロー:例
ワークフロー設定内容
ファイル
  • 承認者A
  • 承認者B
  • 承認者C
商品
  • 承認者B
  • 承認者C
  • 承認者A
ニュース
  • 承認者C
  • 承認者A
代理承認権限
  • 承認者A
承認者は承認順に関わらず、前の順番になる承認者をスキップして承認することが可能です。
承認依頼
申請
  「ファイル」の承認依頼
承認者A
「商品」の承認依頼
承認者B
  「ニュース」の承認依頼
承認者C
 
承認パターン
承認者Aが最初に承認画面を開いた場合
  1. ファイル操作承認可
    商品代理承認可
    ニュース承認可
    -> 承認する
  2. ファイル操作承認者Bに承認依頼
    商品承認完了→申請者に通知
    ニュース承認完了→申請者に通知
    -> 承認者Bの承認で申請待ちになります
    -> 承認者Bの承認を代理承認することも可能
承認者Bが最初に承認画面を開いた場合
  1. ファイル操作承認者Aの承認待ち
    商品承認可
    ニュース承認不可
    -> 承認する
  2. ファイル操作承認者Aの承認待ち
    商品承認者A承認者Cの承認待ち
    ニュース承認不可
    -> 承認者A承認者Cの承認で申請待ちになります
承認者Cが最初に承認画面を開いた場合
  1. ファイル操作承認者Aの承認待ち
    商品承認者Bの承認待ち
    ニュース承認可
    -> 承認する
  2. ファイル操作承認者Aの承認待ち
    商品承認者Bの承認待ち
    ニュース承認者Aに承認依頼
    -> 承認者A承認者Bの承認で申請待ちになります

ワークフロー一覧

設定済みのワークフローの一覧を表示します。
承認者欄には、承認者名を承認順に表示します。

ワークフローの設定

割当対象
選択した割当対象を申請した際に承認が必要となります。
ステータス
有効、無効の選択をしてください。
説明
このワークフローについて説明を記述できます。
ワークフロー名
ワークフロー名を一覧に表示します。
承認者
左側に候補者、右側に承認者を表示します。
マウス操作のドラッグ&ドロップで承認者を追加、削除を行ってください。
承認者の中で代理承認の権限を所有するアカウントのみ、代理承認を行う事が出来ます。
ワークフロー変更に関する注意
「承認待ち」の申請が存在している状態でワークフローを変更すると、該当する申請が全て「取消」になりますのでご注意ください。

メールテンプレート設定

ワークフロー毎に承認メールを編集することが可能です。
${xxxxxxxxxx}は使用できるパラメータです。詳しくはパラメータ一覧でご確認ください。

チーム

チームとは

管理するコンテンツに対して閲覧制限または編集制限を設定するためのユーザーグループの事です。
チームによる制限をかける事で、公開前まで特定の部署やメンバーのみに閲覧を制限する事が出来ます。

アプリケーション
アプリケーションのデータ種類毎に編集権限を付与することが可能です。
ファイル操作
ファイル/フォルダに対して閲覧制限または書込制限が設定可能です。
申請
申請自体、及び申請の内容の閲覧制限が可能です。
公開するまでプレビューでの確認も制限します。

チーム一覧画面を表示

サイトに設定しているチームの一覧を表示します。
ログインユーザーが所属していないチームはグレーで表示します。
ユーザー数
チームに所属するユーザー数です。
割当対象
それぞれチームがアクセス権限している項目数を表示します。
アプリ
アプリケーションのデータ種類の数
ファイル
ファイル操作での設定数
申請
申請履歴の数
削除
チームを削除します。
割り当て対象がある場合は削除できません。

チームを作成、編集

左側に候補者、右側にチームに所属するユーザーを表示します。
マウス操作のドラッグ&ドロップで追加、削除を行ってください。

アクセス権限設定

アプリケーションのデータの種類毎に編集する権限を設定することが可能です。

アクセス権限の一覧を表示

アプリ設定(アプリケーション)でのアクセス権限の一覧及び
ファイル(ファイル操作)でのアクセス権限を一覧を表示します。
ファイルのアクセス権限の設定はファイル操作から可能です。

アプリ設定(アプリケーション)のアクセス権限を設定

割当対象
アプリケーションデータの種類の中から割り当て対象をチェックしてください。
チーム
チームを選択してください。
チームについてはこちら
保存ボタンをクリックで完了です。

アカウント

ユーザー一覧を表示

サイトに所属するユーザーの一覧を表示します。

新規登録

こちらを参照ください。